真ん中に笑顔がある会社。三笑堂

医療事業市場開発

総合的に医療・健康をサポート。

今まで培った経験と知識を活かし、総合的に医療業界をサポートします。
災害の時に必要とされる機器から人・動物にいたるまであらゆる健康をサポートします。

三笑堂はAED設置を推進します知って欲しい。
AEDで救える命のことを。

AEDとは自動体外式除細動器のことで、Automated External Defibrillatorの頭文字をとった略称です。
AEDは心臓が血液を体内に送り出すポンプ機能を失った状態=心室細動を起こした心臓を自動解析し、心臓に電気ショックを与えて心筋のけいれんを除去するための医療機器です。AEDは医師や救急救命士などに限り使用することが認められていましたが、2004年7月に救命の現場において一般市民の使用が認められました。それに伴い現在では駅や市役所など、さまざまな公共の場に設置され、Public Access Defbrillation(パブリックアクセス除細動)、すなわち市民によるAEDの普及が、今まさに望まれているのです。

あなたに救える命があります

突然心停止を起こした方を救うには、次の4つの行動を迅速に行う必要があります。

  1. 迅速な119番
  2. 迅速な心肺蘇生法
  3. 迅速な除細動(AED)
  4. 高度救命処置

AED

3番目までの行動は誰にでもできる救命処置です。

  • ※「ハートに稲妻」のAEDマークは、心肺蘇生法委員会において、AED設置場所を意味する統一表示として正式に採択されたものです。

三笑堂がAED設置を推進する理由

心疾患による突然死は増加傾向にあり、年間およそ5万人が心臓突然死のため亡くなっているといわれています。心停止のほとんどが病院外で発生し、このうち救命(1年生存)されるのはほんのわずかです。

心室細動発生から1分ごとに救命率が7~10%下がるといわれ、救急車が到着するまでいかに早く救命処置を行うかが生死を分けます。心停止3分で死亡率は約50%になり、心室細動がおきたら1分1秒でも早くAEDによる除細動が必要となります。救急車が到着するまでの時間は全国平均で6~7分(平成17年度)。それまでにAEDによる救命処置を行えば救える命があるのです。

蘇生のチャンスは1分毎に7〜10%ずつ減少します

『医療を通じて社会に貢献する』をモットーとする三笑堂では、AEDの普及活動は使命と考えています。
AEDの認知度を高め、設置箇所を増加することで、救える命があることを知って欲しいのです。

一般施設や家庭向きに
販売しているAED

ジェイパッド CU-SP1

株式会社ジェイ・エム・エス

ジェイパッド CU-SP1

ハートスタートFRx

フクダ電子株式会社

ハートスタートFRx

AED Plus

旭化成ゾールメディカル株式会社

AED Plus

三笑堂ではAEDをご購入された方を対象に救命処置の講習会を実施しています(AEDインストラクターが在籍しております)。また、AEDのメンテナンスも弊社におまかせください。